ダ イ ア リ ー

3月18日
天候が心配されましたが、無事に第44回すぎの森幼稚園卒園式を終えることができました。
入園以来、日々たくましく成長する園児の姿を見ていると、1年から3年という期間がとても短く感じ、毎年この時期になると、もっと子供達の成長を見守りたい心境になります。
どうか小学校へ行っても、すぎの森幼稚園での経験や楽しく過ごした日々を忘れないで欲しいと願っております。この幼稚園での経験が子供達の今後の人生に役立てば嬉しい限りです。保護者の皆様、どうか末永く子供達の成長を見守ってください。
最後に、我々職員に至らぬ点も多々あったかと存じますが、長きにわたりご協力をいただきまして、誠にありがとう御座いました。お子様と保護者の皆様の益々のご活躍やご健康をお祈り致します。
ご卒園おめでとうございます!

3月13日
*溶連菌感染症による欠席が1名です。
外遊びが終わるときに砂場で作った大きな山を残すか、壊すかで話していました。
「壊す」の考えの子は、砂場にシートを被せるのでその時に邪魔になるから壊したほうがいいとのこと。「残す」の考えの子はせっかく大きい山ができたんだから続きをしたいとのこと。
確かにシートを被せるには山が大きいので、被せるのに邪魔にならない程度に山を崩すことに落ち着きました。考えて、伝えて、話し合う。大切なことです。
在園児も保育用品を少しずつ持ち帰り始めました。年長組はあと2日、在園児はあと4日となりました。

3月12日
花壇の水仙がキレイに咲き始めました。
ソーラーパネルで動く蝶々を頂き花壇に飾ったところ、年中の子どもが「蝶々いたよ!つかまえたい!」と興奮していました。本物はもう少し暖かくなってからですね。
外遊びで鬼ごっこをしていて少し木陰で休んでいました。すると「早く走れるブレスレット貸してあげるね」と、自分の手についていたブレスレット(ハンカチ)を一生懸命手に巻きつけてくれました。元気が出る1場面でした。
昨日に引き続き年中・少には大掃除をしてもらいました。汚れているところを探してごらんというと、窓ガラスやドアのサッシを自主的に拭いてくれました。


3月1日
*伝染病等による欠席はなくなりました。
三月になり今日は春一番が吹いたと発表がありましたね。さすがに春一番ということもあり、午後の外遊びの風の強さには子どもたちも辛そうでした。
今日は園でひな祭りのお祝いをしました。
ホールでひな祭りの由来やひなあられの話しを聞き、お部屋でひなあられを食べました。
ひなあられには材料の違いや甘いかしょっぱいかという違いもあるという話を聞き、甘いひなあられで安心していたようでした。


2月12日
お弁当の時に『○○ちゃんの隣に座りたいから』とイスを持ってきた子どもがいました。
『イスを好きな場所に置いていいよ』とは伝えておらず、『今日は決まったグループ内で食べてね』と声をかけたら、プンッ!とそっぽを向かれてしまいました。
他の子どもにも「好きな場所で」とは伝えていないので、この子だけ特別にするわけにもいかないなぁと思っていたら、△▽ちゃんがその子に話しをしてくれていました。
しばらくすると、空いていた◇◇ちゃんの正面の席に座ってお弁当の準備をし始めました。
大人が話をするよりも、子ども同士で話したほうが伝わることもあると思います。
プイっとしていた子に笑顔が戻る姿を見て、子どもってすごいなぁと感心させられました。 大人が入り込む場面ではなかったのでしょうね。

2月8日
*インフルエンザによる欠席が5名です。 今日は寒さが厳しかったですね。 
あまりの寒さに泣いてしまう子もいました。 この後に避難訓練でもう一回外に出るんだよなぁと申し訳ない気持ちになってしまいました。
年少の子が『寒い寒い』と言っていたので、『今日は風が冷たいからね』と返事をすると、“覚えた!”と言わんばかりに、『かぜがつめたいかぜがつめたい』と連呼していました。
年長の子は『全然寒くないよ!暑いよ!』と言うので、『今日は暑いね!服脱いじゃおうか!』と返事をすると『先生何言ってるの...』と冷ややかな視線を送られてしまいました。

2月1日
今日は一足早く豆まきをしました。
豆まきの前に豆まきの話しを聞き、みんなで作った制作を見せ合い、豆を準備していると...鬼が! みんなで無事に鬼を退治し、鬼退治よりも気になってしまっていたお豆をお部屋で年の数より一つ多く食べました。
午後の外遊びでは、毎年恒例?豆拾いが始まりました。 その時「良いこと思いついた!豆を洗って食べればいいんだ!」と、満面の笑みを浮かべていた年長さん。
落ちた物は食べちゃだめです。


1月28日
今朝雪が降っていて驚きました。積もってしまうのか心配でしたがすぐにやんでくれましたね。園庭でも陽があたらないところにまだ雪が残っていたので、ブラシ等で園庭を整備して外遊びをしました。
しばらくして子どもが、「ねーねー、先生お外お掃除してくれてありがとう」と言ってくれました。とても嬉しかったですし、これからも「ありがとう」と言える子になってもらいたいと思い、とても褒めてたら照れて顔を見てくれませんでした。
今日はピアニカ指導と、作品展のクラスの製作をしました。
気づかなかったのですが、花壇に植えた球根から芽が出ていました!少しずつ春に向かってきているのでしょうか。

1月15日
本日は園バスの大幅な遅延により、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
昨日の大雪に子ども達は大興奮だったのではないでしょうか。園でも雪で遊ぶ時間を用意し、外で遊ぶことができました。
なかには雪をどうしても持ち帰りたいと空のゼリーカップに入れている子もいました。帰りの時間に「溶ける...」と落胆していて、「外にまだ雪たくさんあるから、それを持って帰ったら?」と声をかけたら「うん、そうだね!」と中身をポイっと捨ててニコニコして帰っていく姿に笑ってしまいました。
お弁当にも可愛い雪だるまがいたみたいですね。


2013年 1月11日
外遊びで手を洗って冷たくなっている時に、子どもが「あったかい場所知ってるよ!」と汽車のお日様があたっている場所を教えてくれました。その後に「タイヤ(黒)のところの方があったかいんだよ」と教えてくれ、こういう身近な発見が遊びの中で見つかることが素敵ですね。
今日は書初めをしたり、お部屋でのグループを作ってグループ表を作ったりして過ごしました。
久しぶりのお弁当に「先生見てみてー!」とお弁当を喜んでいる子どもが多かったです。


12月17日
今日は第四回目の異年齢交流がありました。
各クラスを3グループに分け、どのクラスにも3学年がいる環境をつくり、みんなで制作活動をしました。各学年毎に作る工程が違うので、困っている人がいたら助けてあげてねと伝えると、みんな年下の子どもに対して優しく接してくれました。
学年、バスコース、遊びの内容が異なり、あまり接点がなさそうな子が、前回か前々回の異年齢交流のときに一緒のグループになった子どもの名前を覚えていて驚きました。
この交流が接点となり、人間関係が広がってくれればと思います。

12月7日
今日はお餅つきをしました。
園で餅米を蒸し、つく過程を子どもたちに見てもらい、実際に子どもたちにもお餅をついてもらいました。
蒸したもち米の匂いがホールから廊下、外へと広がり、お餅をつく前から「きなこ♪きなこ♪」と食べることにスイッチの入った子どもたち。
バスの運転手さんの本格的な餅つきの音に負けじと、バランスをくずしそうになりながら力強くついたり、つくというより膝を使ってヨイショヨイショと杵を上下に動かしたりと、一生懸命お餅をつきました。

12月1日
年少・年中組のすぎの子祭を行いました。
たくさんの保護者の方の前で自信満々に演技した子どもたちでした。
でもその達成感より、サンタさんが来てくれたことのほうが子どもたちには嬉しかったでしょうか。
プレゼントを貰ってホールから出てくる子どもたちの顔もご覧になってほしかったです。
無事に終えることができました。
ご協力ありがとうございました。



11月22日
今日は体操指導でボールを使って運動をしました。最終的にサッカーをしたのですが、男の子はもちろんのこと、女の子の試合も盛り上がりました。
年長組、女の子の試合のときにどちらも均衡して決着がつかないかな、と思っていたらシュートが決まりました。
負けたチームのキーパーをしていた子が悔し泣きをしていました。声をかけにいこうかなと思ったら、同じチームの子が「○○ちゃんのせいじゃないよ」と声をかけてくれました。その子の表情も言葉も、本当に相手を思いやっているのが伝わりました。

11月14日
*水疱瘡による欠席が一名です。
紅葉した葉っぱを3枚持ってバスに乗って来た子どもがいました。
「キレイだねー」と話しをしていると、一枚をお友達にあげて、一枚をハンカチで作ったウサギの毛布にして、一枚に穴を開けて辺りを覗いていました。
そのうち葉っぱのお餅(かしわ餅)の話しになり、葉っぱを拾って砂場でお団子を作ってかしわ餅にしよう!と話しがふくらみ、回りの子どもたちも「一緒にやりたい!」と言っていました。
たった3枚の葉っぱから、ここまで話しがふくらむなんて子どもならではの発想力だなぁと思いました。

11月12日
*水疱瘡による欠席者が一名です。
今朝子どもがお部屋に入るなり、「今日お父さんが誕生日だから、朝プレゼントとお手紙渡してきたんだよ」とニコニコしながら教えてくれました。
子ども同士で手紙のやり取りをしているのをよく見ますが、気持ちがよく伝わっていいなぁと思います。絵の手紙から次第に文字が増え、文字に興味も沸き、お友達との交流にも繋がっています。

11月6日
*溶連菌感染症による欠席が1名です。
子どもが「白くなったね!」と言って、息をはぁーーと吐き出していました。
今日はお誕生日会を行いました。
悪天候のなかお越しいただきありがとうございました。お部屋ではお母さんにありがとうの気持ちを込めてプレゼントを渡しました。
昨日からすぎの子祭の練習が始まり、年長さんは3回目ということもあって、「どんな衣装着るの?」と楽しみにしていました。
お弁当のときに舞踊劇の音楽を聞いていたら、「ここは誰が出るの?」と聞き入っていたり、ダンスの曲もながして!と色々な声が聞こえました



10月30日
正確な開始日がわかりませんが、携帯ホームページを始めて1年が経ちました。簡素なかたちかもしれませんが、園での子どもたちの生活をお伝えしたいと思い、始めたものです。どのくらいのご家庭でご覧になっているかわかりませんが、時々「携帯ホームページを見て〜」というお話しを聞くと嬉しく思います。
ホームページを見て、お子様と「今日はどんなことがあったの?」「こんなことをしたんだね」とお話しして下さると幸いです。

10月22日
今日お弁当を食べるときに「誰々と食べようと思ってたのに...」と困っている子どもがいました。
話を聞くとクラスの友達と一緒に食べようと話をしていたところ、そのお友達が他の子と一緒に座っていたようでした。
二人の話を聞き、二人でも話をしてもらい、さらに他の子どもも仲介に入り、問題解決をしようとしていました。ケンカになるわけでもなくお互いに自分の意見を言い、みんなで「どうすればいいかな」ということを話している姿に成長を感じました。
*イスを一つ持ってきて、困っていた子は初めに約束していた子と隣でお弁当を食べました。

10月18日
体操指導でマット運動、跳び箱をしました。
グー(踏み切り)トン(手をつく)パー(足を広げて跳ぶ)のリズムを練習して、跳び箱を跳びました。
体操指導の後半でゲームをしたのですが、負けて悔しくて泣いてしまう子もいました。その悔しい気持ちが前に向いてくれるといいなと思います。

10月1日
髪を切った男の子がいたので、
「髪切ったの?」と聞くと
「うん、もうすぐ運動会だからね!」
と言っていました。
運動会の練習が終わったあと、お部屋でごろんと休息していたら女の子が、
「髪型がくずれるからやらない」
と言っていました。
色々と気をつかうお年頃なようです。
降園前にひばり組に行ったら部屋に入るや否や、「これはゲームだよゲームだよ!」「□○*△〜!!」もう何がなんだかわかりませんでしたが、みんなの様子をふと見ると、あぁなるほど。
運動会のリレーのバトン練習を内緒でしていたようです。「内緒の練習」だからみんな必死に隠そうとしていたんですね。



9月20日
今日は予行演習前の最後の体操指導で、どの学年も演技を通しで行いました。
お弁当後に、「ダンスの曲聞きたい!」とリクエストがあったので流してみると、みんなノリノリで踊りはじめました。曲が終わるたびに、もう一回!もう一回!とお願いされ、結局3、4回連続で踊って汗だくになっている子もいました。でも子どもたちがこうやって楽しく運動会を迎えてくれると嬉しいなと思います。
今日バスの中で「俺は結婚しないんだ」と言っている男の子がいました。その理由が面白くて、「だって結婚すると自分の食べたい物が食べれないんだよ」と真顔で言っていて笑ってしまいました。

9月19日
今日は雨で園庭が使えないため、室内遊びをしました。初めにペットボトルと新聞紙でゴルフクラブを作って、ゴール用に一つイスを置きました。すると、ゴール用のイスを縦に何個も並べて、全部のイスを通過できるかという内容に変わり、そこからイスの並べ方が長方形になっていきました。
「今度はどうするの?」と聞くと、
「ここは車になったから、先生運転して!」とピクニックに出かけることになりました。
遊びの広がり方が面白いなぁと思える時でした。

9月5日
今日は地震の避難訓練を行いました。
今日はいつも行っている訓練とは違い、川の氾濫を想定して高台へ非難する訓練を行いました。子どもたちは暑かったと思いますが、こういった訓練も必要だと思います。中川小学校の隣にある公園付近まで行き、引き返してきました。
年少さんも、暑い中よく頑張りました!




8月31日
外遊びのときに、年長の子どもたちが泥だんごを作っていたので一緒にまぜてもらいました。丸めて満足する子もいれば、砂をかけてキレイに磨く子もいたりで、時間をつくって本格的にやってみたいなぁと思いました。

8月29日
今日から後期夏期保育が始まりました。
久しぶりの幼稚園に登園で、眠くてぽかーんとしている子や、さっそく遊ぶ約束をしている子もいました。
園庭にあった時計台を修理をして、数年ぶりに扉の中からコブタが出てきて、メロディーが流れました。子どもたちはこれまたポカーンと時計台を見つめ、扉が閉まると自然にブタさんに手を振る姿が可愛らしかったです。



7月18日
今日は年中組が流しそうめんを行いました。
流れてくるそうめんを取らずにはいられず、コップにそうめんが満タンになっている子もいました。年中さんになるとお箸を上手に使える子も多く、転がってくるトマトをサッと挟んでいました。
みんな食べるペースが早く、2クラスとも予定していた時刻よりも早く終わりました。
年長組は“エア流しそうめん”で、明日の練習はばっちりのようです。

7月13日
今日は一学期のお弁当が最後ということで、いつも作ってくれているお母さんに、ありがとうの気持ちを伝えようねと話しをして、今学期最後のお弁当をいただきました。

7月3日
今日は若杉会主催で行われたバザーの収益金で、ホールでお楽しみ会を行いました。歌とバルーンアートと手品に子どもたちは大盛り上がりでした。
 今回のバザー開催に際し、役員の方をはじめ、保護者の皆様のご協力ありがとうございました。子どもたちが家族の方やお友達と楽しそうにしていたり、卒園生や転園した子も久しぶりに同級生に会えたりと、園がとても温かい雰囲気になっていたと思いました。




6月29日
今日は絵本の貸し出しもありました。
年少組の子がどうしてもトーマスの本を借りたかったのですが、見つからなかったそうです。その時にトトロの部屋(図書室)にいた年長組の子どもたちがみんなでトーマスの本を探してくれたそうです。トーマスの本は見つからなかったのですが、「じゃぁ汽車の本にしたら?」とお兄さんが持ってきてくれ、その絵本を借りていったそうです。

6月4日
幼稚園にヤモリがいました!
子どもたちに見せたら、「触りたい!」「ワニみたい!」と大興奮でした。
今日は年長組の保育参加日でした。
年長組は子どもたちが作ったコック帽を親子でかぶり、のり巻を作りみんなで食べまた。
各ご家庭で作り方が違ったり、食材も違ったりで、次第に美味しそうな匂いが園に広がりました。子どもたちもとても楽しそうでした。ご参加ありがとうございました。

6月1日
今日から6月ですね。
もう新学期から2ヵ月も経ったのかぁと時間の早さを感じます。それと同時に、特に年少さんは語彙が増えたり、友人関係ができたりと成長している姿がみられます。
粘土でカタツムリを作ったときに、カタツムリが通るトンネルを作ったり、カタツムリのご飯を作ったりケーキを作ったり。
ケーキを作っている子を見て「じゃぁカタツムリたちのパーティーしよう!」と、子どもたちの世界がどんどん広がっていくのがとても楽しかったです。
赤い屋根に陽が差し、「夕焼けみたい」と思う感性がとても素敵だなと思いました。



5月24日
朝のバスで「先生は長男?」と聞かれました。
難しい言葉知ってるねーと話しながら、私は長女!私は3女など話しをしているうちに「じゃぁ私は蝶々!」と言う子がいて笑ってしまいました。
ちょうじょ−−ちょうちょ
5じょ−−こちょこちょ
10じょ−−じゅーじゅーふらいぱん
などと言葉遊びのような感覚で会話を楽しんでいました。

5月22日
今日は寒かったですね。
長袖のブラウスやブレザーを着ている子もいました。明日は今日より10℃ほど気温があがるようです。。
制作のときにハサミを使う場面がありました。いつもより切るのが難しいからか(渦巻き)先生の話もよく聞いていて、いざハサミで切り始めると、
「しーーーーん」
みんなのやる気スイッチがONになったようで、誰一人として喋ることなくとても集中していました。できないできないー手伝ってーと言っていた子が一番丁寧に切っていたり、上手に切れたと思います。

5月7日
今日のインフルエンザによる欠席は1名でした。
今日は山バスの前運転手、小林さんから寄贈して頂いたドラえもんの滑り台のお披露目をしました。連休前から園庭には置いてあったのですが、天候の関係で子どもたちのお披露目できないままになっていました。
小林さんに園に来ていただき、遊具にかかっていたブルーシートを取ってもらいました。
お弁当後の外遊びのときに大人気遊具になっていました。
保育はワークブックやお当番表作り、母の日制作などを行いました。
連休明けということもあってか、帰りのバスで寝ている子どもがとても多かったです。
ゆっくり休息させてあげてください。




4月27日
今日は年長組でタケノコの絵を描きました。
絵を描いた後に、タケノコの皮を一枚ずつ剥いていき、感触を楽しんだり、匂いを嗅いだりと体験することができました。

4月21日
第一回目のわいわいサタデーの後、子どもを交えてパパスの会でタケノコ掘り&バーベキューを行いました。
卒園児を含む14家族、50名弱の参加があり、ほとんどの方がタケノコ掘りは初体験ということで、悪戦苦闘しながらも楽しんでいただけたと思います。
約1時間程でタケノコ掘りを終え、園庭でバーベキューを行いました。子どもたちもとっても楽しみにしていて、やりがいがありました。手持ち無沙汰になることが多々あるくらい、保護者の方がすすんでお手伝いしてくださり、とても助かりました。
パパスの会もまだ発足したばかりなので、次に何をする!ということがハッキリ決まっていないのですが、パパスの会だけでなく園行事でもご協力いただけると嬉しく思います。
たくさんのご参加ありがとうございました

4月17日
今日はやっと全園児が外に出て遊ぶことができました。
バスコースのお友達と遊んだり、サッカーをしたり、すべり台をすべったり、花壇に水をあげるはずが自分にかかっちゃったり。 これからたくさん遊んで欲しいと思います。
驚いたことがあって、4人グループで2人が『イチゴグループがいい!』、1人が『ホットケーキグループがいい!』と言っていました。するともう一人の子が『じゃぁショートケーキグループは?』とみんなの意見を上手くまとめていてビックリしました!イチゴもパンケーキ(スポンジ)もあって、よく考えたなぁと感心してしまいました。
結局、他にも候補が出てきてショートケーキの案はなくなりそうでした。。

2012年(平成24年)4月10日
今日は入園式を行いました。
不安そうな子、少し慣れてきて緊張が解けてきている子、泣いてしまう子、もうお友達と打ち解けて遊んでいる子、様々な子どもの様子がみられました。全てが初めての経験なので不安になったり、保護者の方と離れるのが嫌で泣いてしまうのは当然のことだと思います。
先生やお友達と一緒に遊んだり、歌をうたったり、お弁当を食べたり、少しずつ園生活が楽しいと思ってくれるよう祈っています。
保護者の方も、お子様と一緒に楽しむ行事など、時間の許す限り園の生活に参加していただき、保護者の方も楽しい思い出をつくっていただければと思います。そして、お子様にもたくさんの素敵な思い出を残してあげてください。
本日はご入園、本当におめでとうございます。




       previous page (2KB)