ダ イ ア リ ー




3月9日
今日で今年度のお弁当が最後でしたね。
毎日朝早くに起きてお子様のお弁当作りは本当に大変だったと思います。僕も自分が起きた頃にはもうお弁当がほぼ完成しているので、親の姿には頭があがりません。
子どもたちはお弁当をとても楽しみにしていました。幼稚園という家庭から離れた場所でも慣れ親しんだ家庭の味が食べられます。時にはお母さんと話しながら自分の好きなものを入れる事が出来るし、ちょっと挑戦してみようかと苦手な食べ物を一つ入れてみたり。今日は食べれたかなと持ち帰ったお弁当箱を見て、子どもの調子をうかがうことも出来ますね。一緒にお買い物に出かけたときに、明日のお弁当の具材探しなども一緒に行ったりするのでしょうか。
お弁当を通じて色々なかかわりがあったのかなと思います。
子どもたちから「毎日ありがとう」と手紙が届いたでしょうか。年少組は絵で、年中組はありがとうの字をなぞり、年長組は思い思いの文や絵を好きに書いてくれました。

先週のお楽しみ会の時に、「ありがとう」と伝えれる子になって欲しいと書きましたが、みんな自分で感謝を伝えられる子に成長してくれていましたね。今日の様子をみて強くそう感じました。
子どもにもお弁当は良い思い出に残ってくれていると思います。ありがとうございました。

また今日を持ちまして今年度のお母様方による絵本の読み聞かせ活動も終了しました。ご協力ありがとうございました。絵本の読み聞かせ、貸し出しの時にトトロの音楽が流れるのですが、流れた時の子どもたちの「イェーイ!」という声が来年度も聞けることを楽しみにしております。



2月23日
*インフルエンザによる欠席が6名です。(すみれ組の欠席が大変多い状況です)
土日が明けて急にインフルエンザで欠席する子どもが増えました。潜伏期間もありますので、お子様の体調に少しでも異変を感じたら早めに医療機関の診察をお願い致します。
今日は2・3月生まれのお誕生日会がありました。
お祝いをされる月が一番遅くなってしまうけど、年を追うごとに早生まれでよかったと思う日がくるでしょうか。(私も2月生まれです)
一年を通してお誕生日会をみてきましたが、少しの時間ですが子どもたちは舞台に上がってみんなにお祝いしてもらえることをとても楽しみにしています。初めはお母さんに付き添ってもらいながら、年長では裾をぎゅっと握りしめながら将来の夢を伝えてくれる姿をみると本当に大きくなったと感じます。
また誕生日は自分の両親にも「ありがとう」を伝える日でもあります。こちらは年を追うごとに恥ずかしさが出てきますが親に対する感謝の気持ちはいつまでも持ち続けて成長していって欲しいです。

2月6日
*インフルエンザによる欠席が2名です。
昼食後の外遊びで年長の男の子から『鬼ごっこしようよ』と誘われので、1対1でやっているとどんどんメンバーが増えてき、て本気で追い掛け回した結果、今日が金曜日で良かったと思う疲労がきてしまいました。追いかけられないと鬼ごっこはつまらないですよね。だからか子どもたちもワザと近づいてくるので園庭中走り回りました。帰りがけに「また明日やろうね」と言ってくれるくらいの楽しさだったようで嬉しかったです。
今日は今年度最後?のお味噌汁をお弁当のときにみんなで飲みました。大根、人参、油揚げと謎の葉っぱが入っていましたが、ふと子どもが「大根のはっぱ?」と正解が出て、みんなで美味しく頂きました。

2月3日
『先生きてよぉ!』と手を引っ張られると、園庭の梅が咲いているのを教えてくれました。寒さもまだまだ厳しいですが、少しずつ春に向かっていることを伝えてくれます。
今日は節分ですね。柊の葉と鰯を各お部屋に飾り、邪気、鬼を払います。子どもにも『この葉のトゲが痛いのと、魚の匂いが苦手で鬼が来ないんだよ』と話すと、触ってみたり匂いを嗅いで、自分は痛くも臭くもないから鬼より強い!なんて子もいました。
そんなこんなで園庭で節分の話を聞いていると青鬼と赤鬼がやってきてしまいました!いつもホール脇から来るのを子どもも覚えていたようで、今年は年少舎の門から鬼が来たのでみんな驚いていました。各自持っていた豆を全力で投げて鬼を退治しましたが、年少さんは鬼が去ってもしばらくポカーンと鬼が逃げた方を見つめていました。
お部屋に戻ったあたりで『鬼に連れて行かれなかった!』『こわくなかったよ!』と鬼退治を振り返っていました。
製作物は今日持ち帰っていますので、お家での豆まきの時に使用してください。


1月27日
*インフルエンザによる欠席が1名、水疱瘡による欠席が1名です。
更新が滞ってしまい申し訳ありません。
子どもにも「先生携帯のやつやらないの?」と言われてしまいました。
今日バスの中で子どもがふと「先生のお家は暖房ついてるの?」と聞かれ、「先生のお家は暖房はあまりつけないんだよー」と返すと「よかったぁ」と言われました。何が良いの?と聞き返すと「クマさんの氷がなくなっちゃうから」と言われたんです。
金曜日の午後は研修会に出ていたのですが、年長組の月刊絵本で地球温暖化のページがあるそうで、その話に子どもたちがとても興味を持っていたことをみき先生から聞いていました。金曜日の話ですから4日過ぎても心に残るものだったのでしょう。ちょうど卒園遠足で「生命の星・地球博物館」という場所に行くので、温暖化に付随した事柄にも興味を持ってくれるといいなと思います。

1月16日
*インフルエンザによる欠席が2名です。
今日はバザーの収益金で若杉会が「劇団かかし座」さんを幼稚園に招待してくれ、子どもたちに影絵を見せてくれました。
初めに動物が何種類も出てきて子どもたちを驚かせ、その後に子どもたちも出来る簡単な影絵のやり方を教えてくれました。
その延長線から三匹のこぶたの話に移り、お話しが始まっていきました。子どもたちも知っている話なので食い入るように影絵を見ていましたが、ブタを見失ってこまっているオオカミに「うしろだよー!」と教えてしまったり、レンガのお家の攻略法を教えたりと、話が終わったあとに劇団の方が「大いに盛り上げてくれてありがとう」と笑いながら言うくらい、子どもたちは楽しんでいたと思います。
若杉会をはじめ、ワークショップやハンドメイドサークル、パパスの会、バザーにかかわってくださった全ての方のおかげで子どもたちにこのような経験をさせて下さったと思います。改めて、ありがとうございました。

2014年(平成27年)1月14日
*インフルエンザによる欠席が2名です。
年が明けてからの幼稚園ではお正月遊びとしてコマと羽子板を出しています。お家でも練習している子もいるようでコマを回せる子もいました。羽根つきは羽子板に羽があたったときのコツンコツンという独特の音が、あたったという感覚がつかめていいですね。コマは回すのが難しくても大人と一緒に回したコマをじーーっと見つめて満足げな顔をしています。紐をまく姿も真剣ですね。
今日は全園児が外遊びに出ているときに避難訓練を行いました。子どもたちも初めてのことで戸惑う姿もありましたが、保育者に声をかけられて遊具から園庭へ避難しました。いつ地震が起こるかわからないなか、室内だけでなく外での訓練もでき大人も良い機会になりました。


12月12日
今日はお餅つきをしました!
この日のために体調を整えている子もいたようですが、自分たちで杵を持って餅をつく機会もそうないですよね。園でも年に一回の行事で、倉庫から色々な道具をひっぱり出してきて準備に大忙しでした。
朝からもち米を蒸かしていたので園内にはお米の美味しそうな匂いがしていて、子どもたちの気分もどんどんたかぶっていました。実際にホールで蒸す前のお米と蒸されたお米、練り上げられたお米など色々なものを見て、いざ自分たちもお餅つきです。
年少さんは一回り小さな杵で身体を上下に動かして、よいしょよいしょとお餅をついてくれました。年中、年長さんになると足を開いて上手に杵を持ち上げる子もいてたくましかったです。
お餅は役員の方によって大福ときなこをまぶしてもらい、子どもたちに届けられました。

12月6日
年少組のお友達、お疲れ様でした!
初めてのすぎの子祭はどうだったでしょうか。
写真の雰囲気や当日の子どもの姿を見ても、楽しんで取り組んでくれていたのが伝わってくれたら幸いです。
幕間でも水野先生が話していましたが、4月の入園時には不安を抱えていた子どもたちが徐々に学年、クラス、グループと輪を作って過ごしてきた姿がお遊戯会に表れていたように思います。
お遊戯会を頑張ってくれたことはもちろんですが、サンタさんが来てくれた時の「うわーサンタさんきた!!!」と隣のクラスにいても聞こえる驚きと喜びの声がとても印象的でした。

12月3日
今日がお誕生日のお友達がいたので、たくさんのお料理を作って枝を5本立ててロウソクに見立てて、ハッピーバースデイ! お家でお祝いも嬉しいですがお友達と一緒にこうやってお祝いできるのも嬉しいですね。



11月28日
年長組の予行演習が終わりました。
年長になると緊張が色濃く出ているように思いました。 幕が開くとすぅーっと深呼吸をしたり、今まで間違えたことがないような子が間違えたり、幕が閉まるとすっと肩の力が抜けていたりと、頑張った分が一気に抜けていました。
予行演習が終わると、その日の演技を録画したものを見返して職員全員で一時間半~2時間ほど反省会をしています。 より良いものになって子どもたちの成長をお伝えできたら幸いです。
今年のプログラムはコマさんです!
知らない子もなんとなくぽわーんとしたキャラクターに、可愛い!と喜んでくれていました。

11月11日
園庭で年長の女の子が座り込んでいるので、「何してるのー?」と聞いたら「みんなで大縄が跳べなくて落ち込んでいるの」。 その割にはお絵かきがだんだん楽しくなってきていて大縄そっちのけになっていました。
今日は園長先生の誕生日でした。
知っている子どももいたようで、お手紙を書いてきてくれた子もいました。 会う子どもに「おめでとう」と声をかけられて、「今日はスーパースターみたいだ」と照れていました。

11月6日
今日は花壇に球根植えをしたのですが、各クラスごとに「大きくなりますように」などおまじないをかけます。 その後に意図的にではないのですが、花壇の空いたスペースが殺風景ということで城戸・幸子先生がビオラの花を植えたのです。
お弁当を食べ終えてお盆を洗いに出た子どもたちが、「せんせーい!もう花咲いたよー!!」と目玉を丸くして伝えにきました。
みんなの植えた球根がみんなのお願いをきいて、もう花が咲いたことになりました。
ほとんどの子どもがもう花が咲いたんだ! すごい!と信じているので、ビオラの花がチューリップということになっています。笑



10月24日 芋掘り
畑までの道のりは子どもの足で15分~20分くらいでしょうか。 道中でご近所の方に挨拶し、川沿いの風景をみながら向かいました。
「丹精込めて作ったお芋です。 頑張って掘ってください」という挨拶を聞いてお芋ほりが始まりました。
なかなか掘れないお芋は大人の力を借りて頑張りました。 「こうやるといいよー」と優しく声をかけてくれるので、一緒に頑張れます。
一つの蔓にお芋が何本ついていたかはまちまちですが、後半になるにつれ職員の顔が「これはもしや...」と辺りを見渡します。 用意していたダンボールにも入りきらないほどの豊作で、僕が園に入ってから一番の収穫量でした!
園でみんなに均等に分けて持ち帰ってもらいました。 177人×7本なのでざっと1200本。 プラス園でお味噌汁用に残してあるものや小さいものも合わせると1400本~は収穫してると思います。
みんな帰りはクタクタでしたね。 お家でゆっくり休ませてあげてください。

10月15日 運動会
今年度の運動会を無事に終えることができました。 保護者の方の多くのご協力があってこその行事だと思います。ありがとうございました。
園児数178名。 その子どもたちの保護者の方、ご兄弟、ご親族、さらに卒園生とその保護者。 多い時には園に600名程の人が集まったのではないでしょうか。 そんなにもの人数が園に集まるのは運動会だけです。 その皆さんが子どもの成長を見届けるために集まっていることに、当日は感慨深いものがありました。
未就園児はお土産をもらいにお母さんから離れ、年少組になるとダンスを踊り、年中組になると自分たちで隊形移動をし、年長組になると組み立て体操までできるようになります。 年長の保護者の方は特に子どもの成長を感じたのではないでしょうか。
園長が「子どもを抱きしめて、『頑張ったね』と褒めてあげて欲しい。 それが子どもにとって何よりも嬉しいことです。 そして、子どもからも『お父さん、お母さん今日はありがとう』と言える子どもになってほしい」と言っていました。 たとえ今でなくてもそう言える子どもに、大人になっていって欲しいと思います。

10月3日
今日は秋空がきれいで、子どもながらにもいつもの空との違を感じていました。 年長組は図鑑に載っていた雲の名前を調べていて「うろこ雲」という結論にいたると「へぇー」とさらに興味津々になっていました。 捕まえたカナブンを見せに来てカナブンではなくながーい正式名称を知っていたり、興味関心から知識に変わっていく様子も多くみられます。


9月30日
今日はプレ保育のクラスと合同で避難訓練を行いました。非常ベルにびっくりして泣いてしまう子もいましたが、在園児の子どもたちも何年か前はそれくらいの年齢だったんですね。そこから自分たちで避難できるようになり、大きくなりましたねと園長先生の話がありました。

9月26日
お部屋で泣いている子がいて、その近くで私のせいかなぁと様子をうかがっている子もいて、近くの子に話を聞いてみると二人で何か話していたようでした。内容を聞いてみると泣いていた子は蚊を退治してくれたのですが、それを見た子に「生き物にも命があるんだから大事にしないとダメだよ!」と怒られたようでした。
確かに蚊といえども一つの命です。
難しいなぁと思いましたが、「先生は蚊に血を吸われやすいから、蚊をやっつけてくれて助かったよ」と二人にも伝えました。注意してくれた子も納得してくれましたが、蚊を一つの命と考えられる心も素敵だなと思いました。

9月8日
朝、お部屋で絵本を読んでーと頼まれたので2、3冊読んでいたら「先生わたし読もうか?」と子ども先生が来てくれました。絵本の見せ方も読み聞かせ等を見ているので真似ているんでしょうね、とっても上手でした。午後は外遊びができたので子どもと一緒に貝殻拾いをしていると、戦いごっこをしているこがおぶさってきて「先生はいいね、ゆったりした遊びしてて」と声をかけてもらいました。体を動かすのも好きなんだよ!

9月3日
今日は三年に一度の避難引取り訓練を行いました。30年以内に大きな地震が起きる確率が70%と言われているなか、こういった訓練はしっかり行っていきたいと思います。保護者の方には園まで徒歩で来ていただき、すぐにとんぼ返りさせてしまうかたちになってしまいましたが、ご理解とご協力頂きありがとうございました。
実際に園で大きな地震、災害があった場合は子どもが不安にならないように、保護者の方がお迎えにみえる間、安心して待っていられる場でありたいと強く感じました。


7月15日
今日は年中組の流しそうめんをしました。
園庭に樋を出していなかったので、職員室にいると何人かの子どもが「今日はやらないの?」と心配そうな顔をしていましたが、外遊びが終わってから準備するんだよと伝えると、ほっと安心して外遊びに出掛けていました。
昨年経験している分、みんな要領を得ているので上手に食べていました。昨日の年少さんにはちょっと難しかったミニトマトもお箸で器用に取ったり、フォークで一度転がるのを止めてから刺したりと、一年で食べ方が器用になるもんだなぁと感じました。
明日は年長組ですね。
「割りばしの方が取りやすい」と作戦を考えている子もいるようで、楽しみにしていることを嬉しく思います。

㋆10日
「ねぇ先生、○○君が~貸してくれないの」
男の子も使い始めたばかりの物を貸してくれと言われても、すんなり貸せないですよね。
でも女の子の言い分としては、「貸してと言ったのに貸してくれない」
「○○君もいま使ってるところみたいだし、使い終わるまで待ってみたら?」と言うと、
しばらく自分の中で考えた様子で、男のところに行き、
「使い終わったら貸してくれる?」と聞くと、男の子もすんなり「いいよー」と言ってくれました。
女の子もどこかすっきりした表情で違う遊びに向かっていきました。
今後の女の子の声かけが気になるところです。

7月9日
バスに乗車するときにカブト虫を持ってきている子がいました。だんだんそんな季節になってきていますね。
今日は夕涼み会に向けての団扇作りをしました。
僕と園長は来週の流しそうめんに向けての樋(とい)を作っていました。パッと見ると簡単に作れそうと思うかもしれませんが半日がかりで作っています。笑


6月18日
今日外で大縄を回していると後ろから元気に「先生おはよう!」と挨拶をしてくれる子がいました。
登園すると寂しくなったり泣いてしまうことが続いていたのですが、徐々に外に出るようになり、お弁当を少し食べるようになり、プールに入るようになりという姿を見ていて、今日挨拶をしてくれジョウロを持って砂場に歩いていく姿を見れてとても嬉しかったです。

6月12日
帰りのバスで子どもがバスから降りたときに、お母さんが「今日は何も持ってないから抱っこできるよ!」と子どもに声を掛けているのが印象的でした。下の子がいるとなかなか抱っこしてあげれない時もきっとありますよね。下の子がお昼寝中かお出かけ中かはわかりませんが、ふと手があいた時に上の子にするちょっとした声掛けで子どもも安心すると思います。子どももニコニコでした!

6月10日
外遊びをしていると、汗いっぱいだから触ってみて!と姉妹でおでこをアピール。梅雨入りしたようですが、外で遊べる日が続いて嬉しいです。
今日は内科検診がありましたが、「内科検診」という言葉を聞いた子が血相を変えて「注射するやつ!?」と腕を押えて言ってきたので、お風邪ひいてないかなとかお胸の音聞いたりするんだよ、と伝えると本当にほっとした表情を見せていました。

6月3日
休み明けで野菜がぐんぐん成長していて、いままで収穫できていなかったクラスも収穫できるようになりました。みんなでキュウリを塩もみにしたりピーマンを食べたりしましたが、「今日ピーマン食べられたってママに言わなきゃ!」と喜んでいる子もいました。
年長組は保育参加があり、お母さんたちと一緒に海苔巻を園で作ってお弁当の代わりに食べました。こちらもみんなで作って食べると楽しいうえに美味しかったと思います。


5月20日
今日はお弁当後に図書室で保護者の方による絵本の読み聞かせがありました。今年はお父様の参加もあり、子どもたちも真剣に絵本の聞いていました。普段は読み聞かせと外遊びだと、外遊びに行く子どもも、自分のお母さんが来るとなると話は別で図書室にきていました。
「あれ僕のお母さん」とこっそり教えてくれましたが、きっと子どもの目にも保護者の方の姿が焼き付いてくれていると思います。
今後ともご協力よろしくお願いします

5月13日
今日は午前中に雨があがり、遊具を拭いたらお弁当後に外遊びができるかな?と思い、昼食後に園庭で遊具を拭いていました。すると遠くから、「やったぁ!拭いてくれてるから遊べるよ!!」と大喜びの声。
そのあと、その子が僕のところにきて「先生(遊具を)拭いてくれてありがとう」と言ってきてくれたんです。
子どもの素直な気持ちが嬉しくて「ありがとうって言いに来てくれてありがとう!」と僕もお礼を伝えました。相手に対する感謝の気持ち、たくさんの子どもに身について欲しいと思いました。

5月2日
日の球根取りを知らない子が、ひょいと花壇の葉を引っこ抜いてみると球根が白ひげを伸ばして出てきました。玉ねぎみたいだねーと球根を洗ったり、皮を剥いてみたり、匂いを嗅いでみたり。何やってるの?とたくさん子どもが集まってきました。
年長組は今日筍の解体ショーをしました。
皮がこんなにあって、剥いた筍を縦に切ると空洞がたくさん。なかなか筍という食材に触れることも少ないと思うので、みな興味津々。剥いた筍は幸子先生がお味噌汁にしてくれました。
今日はこどもの日の前祝いとして柏餅をみんなで食べました。子どもたちは子孫繁栄という意味を知るより、美味しく食べられて満足でした



4月24日
子どもたちの会話って面白いなと思います。
年長の子がバスの窓から入る風を感じ、「なんで風って見えないんだろ?」と言っていれば、年少の子が二人で和気藹々と話しているので、どんな話をしているのかと思えば
「わたしタケノコ体操好きじゃないの」
「なんで?」
「なんか恥ずかしいから」
「ふーん」
大人びてる。。

4月21日
卒園児・在園児含む19家族、約60名程の参加がありました。卒園児の子どもたちも気軽に来れて懐かしいお友達と会えたり、在園の子どもたちも一緒に掘りに行ったりと、みなさん楽しんでいただけたと思います。
筍掘り後、ホールで親睦会も行われました。
園行事のお手伝いや、今年度は園庭コンテナの塗り直し、たけのこ堀り等のイベントもあります。ご興味のある方は気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

4月14日
バスに乗ってると窓から外の景色を眺めて「今週は桜がきれいだねー!」と教えてくれました。幼稚園の桜も満開を過ぎたあたりですが、今でもきれいに咲いています。
今日、年中組が外に出て遊具の使い方を学びました。年少組が今日園内探索をして、明日外の遊具の話を聞くので、明日の午後か明後日から全園児で外遊びができると思います。
遊びの中でルールを守る大切さや、お友達と一緒に遊ぶ楽しさ、時にはもどかしさもあると思います。色々なことを経験して成長していって欲しいと思います。
一つ学年があがった強い気持ちは年少さんの手をしっかり握ってくれていました。





 


previous page (2KB)