ダ イ ア リ ー


※教職員が子どもと接して感じたことを抜粋して転記しています。
※在園児の保護者の方は、携帯電話(スマートフォン)の『かんたんホームページ』より、日々の様子を写真と記事でご覧いただけます。



3月17日
今日は卒園式。
いい天気に恵まれ、59名の年長児を送りだしました。卒園式、子どもたちは緊張していましたね。お部屋でカメラを構えても顔がこわばる子もいました。大人的には涙あり、笑いありの卒園式といったところでしょうか。
気温が上がるのが分かっていながら空調の調節が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
 午後の謝恩会も素敵な場を設けてくださり、ありがとうございました。園児の3年間のスライドを見させていただき、思うことがありました。
 まずやはり子どもが笑顔でいてくれること。それが一番大切なことだと思います。それをご家庭で支えてくださるご両親、ご家族のお力も必要です。幼稚園では子どもたちのことを思い、先生たちが精いっぱい頑張ってくれています。この3つがうまく手を取り合って過ごせる場所が幼稚園だと思いした。卒園式、謝恩会ともにとても温かい雰囲気のなかで過すことができたのは子どもたちと保護者の方がいてこそだったと思います。
素敵な場をありがとうございました。
 また、今日を迎えるにあたり各学年の役員、卒園委員、アルバム委員の方々、ご協力をいただきありがとうございました。年中組の代表のお友達も長い時間式に参加してくれてありがとう。
 どうぞ近くに寄った際にはお子様や保護者の方のお顔を見せにいらしてください。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本日はご卒園、誠におめでとうございました。

3月8日
 今日はついに今年度のお弁当が最終日となりました。最終日には久しぶりの温かいお味噌汁も登場しました!
私はいつも家で起きるのが一番最後ですし、起きた時にはもうお弁当が出来上がっているのがほとんどなので親には頭があがりません。子どもたちにも成長と共に親への感謝の気持ちが自然と芽生えてくれれば良いなと思いますが、今日は年長組が直筆でお母さんに感謝の手紙を書いている様子を見させてもらうと、親でもないのにぐっとくるものがありました。
 年少・年中・年長、それぞれの子どもがしっかりと「ありがとう」の気持ちを持ってくれていますね。
 お母様方の毎日のご苦労をねぎらえるとすれば、それは『きっとお母様方が思っている以上に子どもたちはお弁当を楽しみにしていました』とお伝えしたいです。入園の際に園長からお話しがあったかもしれませんが、親元を離れた幼稚園で家庭を思い出す場所がお弁当だったと思います。お母様も「少し苦手な物にチャレンジさせようかな」「今日はリクエストされたもの入れてみよう」「お弁当残っていたけど調子悪かったかな」お弁当を通してお子様と関われたこともきっとあったのではないでしょうか。
 色々な思いがあると思います。年長・年中・年少。それぞれの子どもたちが「ありがとう」と気持ちを込めたお手紙を大切にしていただきたいと思います。


3月2日
*インフルエンザでのお休みがなくなりました!

 ひまわり組のチューリップが茎が伸びきらないまま花を咲かせようとしています。それを目にしたのか花壇に水やりをする子どもがたくさんいました。
 一人の子がお花に水をあげてはじっと見つめていて、「ねぇ先生こっちきて」と呼ばれたので行ってみると「お花がね、お水飲んでるの」と教えてくれました。蕾が開いているところに水をいれ、その水がなくなるのを真剣にみて、「お水飲んでる!」と。子どもらしい発見だなーと思っていたらその後に「でもお水あげすぎちゃうとダメなんだよね」と少し水で浸ってしまった蕾をみて言っていました。
 二人で鉄棒をする前は一人の子が拗ねてしまっていたのですが、仲直りできたのでしょうね。どうしてもめていたのか、解決したのか聞きにいこうとしたのですが、二人で逆さまになっても話すくらいなので野暮な質問はやめておきました。
 今日は園で一日早いひな祭りのお祝いをしました。無事にみんなが元気に健やかに、大きくなりますように。



2月24日
今日年中組が学年をごちゃまぜにして遊んでいたのですが、一人の子が「誰も遊んでくれない」と泣いてしまったそうです。その姿を見て「一緒に遊ぼう?」とプリキュアごっこをする予定の子が声をかけてくれたのですが、泣いていた子がプリキュアを知らなかったのでプリキュアごっこを変更して「じゃぁ他の遊びにしようか」と提案してくれたそうです。何やらよい雰囲気だなと思って写真を撮ったらそういう背景があるから良い雰囲気と感じさせてくれたのでしょうね。
ついに年長組が卒園式の練習を初めてしまいました。お誕生日会をお休みした子のお祝いもしました。

2月10日
昨日のドッジボール話の続きですが、今日はなんと女子が4人!しかも勝ってしまうところがまたすごい。笑
昨日お伝えしたように、昨日は徐々に男子チームの人数が増えていくことに女子チームは文句1つ言わずに戦っていたんです。ですが今日は女の子チームにも徐々にメンバーが増えていったんです。その時に男子チームから「ずるいぞー!」の声が!
昨日のいきさつを知っている以上、口を出させてもらいました。王様役(その子が当たったら負け)を決める時も女子チームはあっさり決まり、男子チームは俺が俺がと全く譲りません。笑 女子チームの「これだから男は」と言わんばかりの視線が男子チームに向けられていました。
ところ変わってシュート練習をしている年中さんは、いかに壁の上へボールを蹴ってのせるかという事をしていて、壁の上にのっては先生を呼んで取ってもらっていました。
が、「自分で取れそう」と思ったのか、砂場の道具を持ってきて下からぐりぐりボールを引き寄せようと思ったが届かず。上から足や手で手元に持ってこようと思っても届かず。二人が上で話をしていると、何やら閃いたようで下にあった道具を取りにいき上からボールを手繰り寄せていました。
大人が手を出せば一瞬で終わってしまうのですが、子ども同士で問題解決できそうな場面では邪魔をしたくないところです

2月3日
ひいらぎと鰯(にぼし)を正門やお部屋のドアに飾り、今日は豆まきを行いました。どうしてこれを飾るのか~という話の中でひいらぎの話がでると「クリスマスで出てくる」なんて声も出てきたりしていましたが、実際に魚の匂いを嗅いで、くさいくさいと確認していました。
園庭で節分の話を聞いているとあちらこちらから3体の鬼がやってきました。年長組の鬼のお面は本当に怖いですね。笑 威圧感がすごいです。
「鬼がきたら豆をまく」ということをインプットした年少さんは怖いながらもそれを実行してくれたのですが、肝心のお守り代わりでもあった豆がなくなると泣いてしまう子もいました。
何はともあれみんなのおかげで鬼を退治したのですが、部屋に戻る途中に年長鬼が石川先生に襲いかかりに行くと、、残りの学年も先ほどの憂さ晴らしでしょうか、石川先生囲まれていました。笑



1月22日
園庭全体に霜柱が立つので塩化カルシウムを園庭に撒きました。それが地面に馴染んでくれたため今日の午後は久しぶりに外遊びをすることができました。
僕がお弁当を食べ終わってから園庭をブラシで慣らしていたら、普段恥ずかしがって抱っこをさせてくれない子が「先生大好きー!」と駆け寄ってきました。いつもと違う反応に「どうしたの?」と聞くと「お弁当の時から外に出れるようにしてくれてありがとう!」と言ってくれました。
僕一人の手柄ではないですし、普段は先生たちが雨で濡れた遊具を拭いたり掃除をしてくれています。それがこうやって子どもの目に入り、喜び、お礼を言ってくれるという姿が見れることがとても嬉しかったです。


1月19日
昨日の降雪で子どもたちは少しは雪に触れることができたでしょうか?雨が降り続いた影響でべちゃべちゃになっていたと思ったのですが、雪うさぎ作ったよ~や近くのお友達と遊んだという声も聞けたので楽しめた子もいたようですね。
朝のバスでそんな話をしていたら、絵本の貸し出しの時に借りた本をお家で読んでもらったそうなのですが、ママも私も泣いちゃったんだと言う子がいました。内容は悲しいお話だったそうなのですが、お家の方に絵本を読んでもらい、その物語を共有して一緒に泣けるって素敵だなぁと思いました。図鑑を好んで借りる子も多いですが、子どもが選んだ絵本なのでぜひお家で一緒に見てあげてください。

1月15日
今日は中学校の職業体験で6名の中学生が各お部屋に入り子どもたちと触れ合ってくれました。最初は中学生も子どもたちも緊張してもじもじしていたのですが一人が話始めると今がチャンスと言わんばかりに中学生と話をしていました。
バスで後からきた子どもたちが「ねぇねぇあの先生イケメンじゃない?」と末恐ろしい声も聞こえましたが、中にはすぎの森幼稚園を卒園した学生もいて先生たちも懐かしみながらも成長を喜んでいました。

1月13日
*水疱瘡、マイコプラズマでの欠席者がいます。
今日は朝から本当に寒かったですね。やっと冬が来たと思うくらいの気温にアンパンマンも朝は凍ってしまいました。霜柱を踏んできた子もいたようなのですが「冬はまだかなぁ~」という子もいて、「こんなに寒いのにまだ冬じゃないの?」と尋ねると「雪が降らないと冬じゃないよ」と言われました。


12月11日
今日は朝から大荒れの天気で、強い風で釜の火が消えてしまったり湿気で廊下がびちょびちょになってしまったりと準備が大変でしたが役員さんやお仕事がお休みのお父様方のお力もあってお餅つきを終えることができました。年少組からの写真を見比べるとお餅をぺちぺち叩く可愛らしい姿から、初めて持つ長い杵に苦戦する年中組を経て、1番最初の写真の年長組のようなつき方に変わっていきます。
力強さが伝わりますよね。
みんながついてくれたお餅は役員さんの手によってきなこ味とあんこが入った大福になりお弁当の時にいただきました。みんなで食べると美味しいね♪

12月5日
年少組のすぎの子祭、無事に終わりました。
お疲れ様でした。
予行演習で燃え尽きた子どもたちも、今日はお父さんお母さんが来るとなれば話は別だったでしょうね。それぞれの衣装に着替えてテンションが上がり、いざ舞台にあがり幕があがると「うわぁ。。」と予行演習とはまた違った雰囲気に子どもたちも驚いていたと思います。裏方に入るので当日の演技は見ることができませんでしたが、演技を終えた子どもたちが笑顔で出てくるのを見て楽しんでできたのかなと感じさせてくれました。
年少組はサンタさんが来ることも知らなかったので、驚きも他の学年より人一倍だったのではないでしょうか。みんなプレゼントをもらってニコニコでホールを後にしていました。
今日は駐車場が混み合うこともなくお気遣いいただきありがとうございました。本来であれば祖父母の方にもお越しいただきたいところなのですが、手狭なスペースのためご両親の方だけでもホールが人でいっぱいになってしまいます。
改めてご理解とご協力をいただきましたことにお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

12月4日
いよいよすぎの子祭まで残すところ1日、2日となりました。子どもたちは当日を今か今かと待ち遠しくしていますが、保護者の方も同じ気持ちではないでしょうか。
去年から始めたことなのですが、子どもたちの晴れ姿を見るなら少しでも子どもの立つ近くで見ていただきたいなと思いダンスの隊形を写真で載せるようにしました。こちらの記事の写真にもあるように、例えば後列の赤い子どもを見ようと思うと前列の子どもと重なって見えづらいこともあります。赤い子どもが自分のお子様であれば右側にいて見るより左側にいたほうが良いのかなぁと思います。こちらをご覧になる方はあくまで参考程度にご考えください。こっちに座ったから見えなかったじゃないか!という責任までは負いかねます。私も記載に間違いがないか確認をしていますが、なにぶん全園児分になるのでお子様に記載されている写真を見せて確認されることをお願い致します。
なお、劇については舞台上を動いたりして特にこの場所に留まるということがないので劇の雰囲気を載せさせていただきます。
年長組のダンスの歌のなかに「それぞれの道 それぞれの色 行き先同じ 手をつなぎ」という歌詞があります。
それまで個としていた子どもたちがこうやって幼稚園という一つの場所に集まり、お遊戯会を通して成長していくなぁと勝手に重ねて聴いてしまい感慨深くなってしまいました。



11月27日
袴を着た子どもたちが裾をあげて颯爽と階段を下りる姿を見て、以前テレビの特集で見た新選組を思いだしました。かっこいい!と思って演技が終わったら足を組んでリラックスしている姿にも笑わされました。合間には水野先生がマジックやクイズをして楽しませてくれています。
子どもたちを2年間みた先生や年少組の時にみていた先生たちは大きくなったなぁと涙を浮かべる予行演習でした。

11月4日
今日外に出ると「先生登れるようになったよ~」と登り棒を一番上まで登れるところを見せてもらいました。よく登れない~と先生に補助してもらったり、他の子にお尻を押してもらったりしていたのに出来るようになるとあっという間ですね。登り棒は子どもにとったらとても難しい遊具の一つですが何回も練習した成果が今日実ったようでした。
その後に年少の子が今日は三つ編みが一緒なのととても嬉しそうに話しかけてきてくれて、他にも三つ編みの子を探してくるねと出かけていきました。
今日からちゅうりっぷ組に新しいお友達が2名増えました。よろしくお願い致します。
月曜日の記事を見てくださった方か、子どもがお家で話したのか分かりかねますが、今日も神鷹先生へのお誕生日プレゼントが沢山用意されていました。一人があげると私も俺もと急にカバンをごそごそし始めて面白かったです。
年長さん、お遊戯会の練習が始まりました!

11月2日
今日は朝から大事なミッションを言い渡されました。運が良く神鷹先生はバスの担当だったので内緒にして子どもたちに話すことは出来たのですが、聞いた子どもたちがもうソワソワしてしまって大変でした。笑 なんとかクラスの全員は揃うまでは待てたのですが、待ちきれない子どもがひとり「おめでとう」というともう我も我もと「おめでとう!」の嵐でその時にみんなでハッピーバースデイの歌をみんなで歌いました。
今日はどのクラスも七五三の製作に精を出し年長組は菊の花を、年中組はブラッシング・年少組はサツマイモのスタンプで模様つけをしました。たんぽぽ組は欠席が2名でしたがお遊戯会の役決めを無事に終えることができました。今日も急に気温が下がって寒くなったので体調を崩さないようにしたいですね。


10月23日
もう早いご家庭ではお芋が食卓に並んでいる頃でしょうか?無事においも掘りに行くことができました。
お芋ほりの畑までは川沿いを子供の足で歩いて15分~20分くらいで着きます。そこまでの道のりは学年を縦割りにして歩きました。今年は畑でも1学年下の子どもと一緒に掘るので、一緒に協力して掘る姿もみられましたが、まずは自分!と無我夢中になっている子も多かったです。
一人6本×190名ほどなのでざっと1200本は掘れました。その後も子どもたち同士で手をつないで幼稚園までの道のりを帰りました。
今日のお弁当は園庭で食べたのですが、お弁当が終わったあとに「いつになったらお芋食べるのー?」とかわいい声が聞こえましたので、各ご家庭でお話しをしながら召しあがってください。

10月14日
運動会への参加、ありがとうございました。
晴れと聞いていた天気が次第に雲行きが怪しくなり心配しましたが、無事に終えることができて本当に良かったです。一年を通しておよそ500人以上が幼稚園に集まる行事は運動会しかありません。多くの方が自分のお子様だけではなく他の子の演技を応援してくださり、子どもたちにも楽しい思い出として残ってくれたと思います。
運動会に関わったすべての方、ならびに若杉会役員さん、お父様お母様のお手伝いの皆様のご協力があっての行事です。本当にありがとうございました。年長組はこれで最後、とお思いだと思いますが子どもはきっと来年の障害物競走を楽しみにしていると思います。

10月9日
年長組の組み立て体操、どうしても演技で上にあがる子が華やかに見えてしまうのですが、下でお腹に力を込めてぐっと堪えたり、シャトルで友達を上にあげる時にこんな顔をして頑張っている子もいるのです。もちろん上の子も下の友達を信頼してバランスを保ちながら怖さに耐えてあがります。少し遠いかもしれませんが子どもたちのこんな表情を見てあげてください。本当に頑張っています。


9月18日
何やら先生とたくさんの子どもがちらちらこちらを見ているなと思うと、「先生温泉に入りにきて!」とチケットを渡されました。お隣のクラスでは、四角い大きなダンボールに破いた新聞紙をたくさん入れて、温泉ができていました。チケットを回収してくれる人、チケットを配る人、お湯をかけてくれる人、色々な役割分担がされていてとても楽しそうでした。

9月14日
年長さんが年少さんの髪の毛を結んであげていました。ちょっとした一場面ですが仲の良さが表れている風景。
運動会の練習が園庭に白線を引いて本格的になってきました。何本も線がある中で、次の隊形を目指して移動するのなかなか難しいものがあります。
たんぽぽ組は今日は実習生の責任実習があってお部屋でフルーツバスケットをしている。。はずがオニをやりたくて毎回円の中心で2、3名の子がふらふらしてしまう別のゲームになりつつありました。笑

9月8日
今日は敬老の日に祖父母の方に送るハガキに絵を描きました。今年からハガキに「○○じぃじ・ばぁば」と書いていただいたおかげで、子どもにハガキを渡す時に名前を一緒に伝えると、子どもも「うんうん!」とおじいちゃんおばあちゃんを思い出せるようで、絵がスムーズに描けていたように思います。それぞれに面白い呼び名があって面白いですね。「ぽんぽんじぃじ」にはグループのみんなが笑っていました



7月15日
今日は年長組の流しそうめんを行いました。バスに乗って今日は流しそうめんだね~なんて話をしているよ「割りばし持ってきたよ!」「割りばしにした!」と割りばし比率に驚きました。しまいには職員室に箸を持ってきているのに「割りばし忘れた..」としょぼくれる子までいました。
年長組のみになってしまったのですが、年長組にはサクランボも流れました。というのも昨日、「年中組の時にはサクランボが1つしか取れなかったから、明日は頑張る!」と意気込んでいる子がいたことを幸子先生に話すと、「じゃぁサクランボ探してくるよ!」と買い出しに行ってくれたのでした。いまの時期のせいか季候のせいか、お店に全然サクランボが売っていなくて諦めていたそうなのですが、その子の一年越しの思いがつまった流しサクランボは無事に叶いました。
今日は風も弱く暑さもひとしおでしたが夏を涼しむことができたのではないでしょうか。
終わったあとに「また流しそうめんできる?」と聞かれたのですが、年長さんはこれで最後になってしまいますね。子どもの思い出の中の一つに残ってくれたら嬉しいなと思います。

7月9日
今日は年中組が身体計測の日でした。1学年の子どもの計測をしていると、身長が伸びて体重がそのままで羨ましいなぁと個人的に思いながら測っていると、ちょうど身長が100cmを超えた子が二人いました。「センチ」という単位が分からなくても「100」という数字に子どもはどこからしらすごさを感じやすいので「すごいねー100だよ100センチ!」というと照れながらも嬉しそうでした。
その喜びを担任の先生に伝えようとしたところ、
「先生!100キロになったよ100キロ!」
と、とんでもない体型報告をしていました。
ひとつの区切りとして100cm。大台を超えてお母さんも喜んでいました。
そんな一つの区切りをとして、なんと明日で1学期のお弁当が最後となります。あっという間ですね。一学期最後のお弁当をみんなで楽しく食べて欲しいなと思います。

7月1日
子どもたちも今日から7月という認識があるみたいで、今から流しそうめんが楽しみ♪と言っている子もいました。
年中組は今日ハッピーウェンズデーとしてホールを使って学年で遊ぶ時間を設けました。70名の頂点に立った子のにんまり顔と、そこへたどり着けずに落胆する顔と、これまた正面でにんまりする顔と、楽しく遊びました。
年長組は卒園アルバムの表紙絵を描き、年少組は聴力検査と粘土遊びをしました。


6月22日
雲のあいだからお日様がのぞいたり隠れたりの陽気でしたが、今日子どもたち念願のプールに入ることができました!
朝、雨水ではない綺麗な水が注がれているプールを見て「うわぁ!プール入れるの!?」とみんなとても喜んでいました。着なれない水着に着替えるのは大変でしたがその苦労の甲斐があってか、プールに足を入れると『きゃー!!』と大興奮でした。
プールのあとはお弁当の時に幸子先生がお味噌汁を作ってくれていたので、プールで冷えた身体に子どもながらにも味噌汁の温かさが身に染みていたようでした。

6月17日
9時になり、さぁ外遊びの時間...と思いきや、ちょうど雨がぽつりぽつりと降り始めてしまいました。しばらくすると雨乞いをしている子がいて「雨ふれぇぇ!!」と叫ぶと、願いが天に届き、“ゴォォー”とバケツを引っくり返したような雨が降るものですから、大喜びなんです。
その大雨につられて部屋から『大雨だ大雨だ』と子どもたちが出てくると、雨乞いも大勢になり、その声につられるようにさらに大雨になるものですから、それは大興奮。
きわめつけは雨が溜まったプールを見て、『これでプールに入れるね♪』という水曜日でした。

6月15日
各クラスの花壇で色々な野菜が採れ、他のクラスにおすそ分けしたり、頂いたりしています。
そんな野菜を幸子先生が揚げたり、ゴマ和えなどに調理してくれています。ナスを配っているときに、「わたしいらなーい、食べられない」と言っていた子が、インゲンを配りに戻ってきた時に既にナスを食べていたのには驚きました。
「あれ?さっきキライって言ってなかったっけ??」
「うん、でもいい匂いしたから食べてみたら美味しかった」
本当はみんなでいただきますをしてから食べることになっていたのですが、それを振り切るくらい「食べてみよう」という気持ちが強まったのでしょうね。


5月19日
数日前にお弁当のご飯のところにおかずとして入れられていたから揚げをのせて「からあげ弁当!」と言っている子がいました。「美味しそう、面白いことするねぇ」なんて話をしていたら、今日は始めからお弁当にから揚げがのっていました。お家でも子どもがお母さんに話をしているんだろうなー感じながら、お弁当ならではの関わりなのかなと思いました。

5月14日
だんご虫が注目を浴びていたので、ダンボールでだんご虫のレース場を作ってみました。初めて見る物にイメージがなかなか湧かないようだったので、とりあえずだんご虫を捕まえてきてもらって見本を見せました。すると、これが大盛り上がりで見たい見たいと子どもも集まり小さなレース場に子どもの頭がごつごつぶつかる程でした。
自分が気まぐれで捕まえただんご虫が無事に走り終わると、愛着が湧くんでしょうね。走り終わっただんご虫を、いつもと違う表情で見つめていました。



4月10日
天気が心配されましたが無事に入園式を終えることができました。本日はご入園おめでとうございます。
子どもたちはどのような気持ちで今日を迎えたでしょうか。「幼稚園に行くよ」と聞かされるとお父さん、お母さんと一緒に遊びに行くのかな?と思っている子も多いのではないでしょうか。
ご両親と離れ、知らない子どもたちと一緒になり不安になったことでしょう。それでもホールで待っているご両親に泣きながらでも会いに行けたのではないでしょうか。
これから子どもたちは幼稚園という集団生活のなかで様々なことを経験するでしょう。園とご家庭が協力してお子様の健やかな成長を見守っていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
なお、月曜日から新年度のバスコースでバスが運行します。お母様と離れるのが寂しくてなかなか離れられない子どももいると思います。ですが笑顔で送り出し、笑顔でお迎えに来てあげてください。年度の始めでバスが予定時刻の通りに運行するのが難しいかもしれませんが、乗車するバス停の時刻前にはお集まりください。ご協力よろしくお願い致します。

4月9日
今日から1学期の始業式です。
子どもはもちろんのこと、保護者の方も何色のバッチに変わったのか気になりますね。
子どもたちの顔を見渡すと、これからの一年間に向けての期待とやる気が伝わってきます。新しい名札、新しいお部屋、新しいお友達。ワクワクしながら一日を過ごしたことでしょう。
今年度も保護者会や行事などのお手伝いなど保護者の方のお力をお借りする機会が多々あります。
保護者の皆様のご協力、ご理解を賜りますよう今年度もよろしくお願い致します。
明日は入園式のため、在園児はお休みです。
また13日の月曜日から新しいバスコースと時刻表でバスが運行します。お間違えのないようお気を付けください。







       previous page (2KB)