ダ イ ア リ ー

Updated on 30 June 2019
   next update : 30 July 2019

※副園長が子どもと接して感じたことを抜粋して転記しています。
※在園児の保護者の方は、携帯電話(スマートフォン)の『ケイタイ ホームページ』より、日々の様子を写真と記事でご覧いただけます。





6月21日
今日は異年齢交流の第二回目としてゲームラリーをして楽しみました。「他学年の友達と力を合わせ てゲームラリーを楽しむ」ことをねらいとして40分程、4種類のゲームとスタンプラリーを3学年の 縦割りで周りました。ゲームの内容はリズム遊び・間違い探し・ボール投げ・カード探しを3人で協力 して行います。異年齢交流自体は年中・年長児は年少児に対して優しさを持って接せれるような意図も あるので、自分たちが今まで経験してきたことを思い出すように手を握り、思いやりを持ってお互いが 接していたと思います。カード探しではなかなか自分たちが指定された色カードが見つからず、「赤色 のカードどこかにあった?」「汽車の方にあったよ!」とグループ同士で協力する姿もみられました。 「幼児教育無償化」に対する手紙が配布されております。各ご家庭で必ず内容を確認していただき、 ご不明な点は幼稚園までお問い合わせください。特に横浜型預かり保育を利用中、今後利用予定の方は 必要書類を市に提出し、認定を受けてからの利用になるため時間がかかります。時間に余裕をもった計 画をお願い致します。

6月13日
気温が心配されましたが幼稚園で測った気温 では29℃近くまであがり、日差しも出て子ど もたちには待望のプールでした。
今日は木曜日 でしたので体操指導の代わりに高橋先生とプー ルに入り、水に少しずつ慣れながらも最後は水 のかけ合いやボールを使った対決をして楽しみ ました。
15分~20分程の時間でしたが疲れ 切ったのかお弁当後にお部屋でうとうとする子 もいたようで、今日はぐっすりお休みください。

6月12日
今日は外遊び中の災害を想定した避難訓練を行 いました。子ども達には伝えていないので、「避難 訓練です」という放送に最初は戸惑っている様子 もありましたが、先生が笛を吹いて園庭に集まる よう指示をすると慌てることなく避難することが できました。
職員も保育室内に残っている子がい ないか確認し、いつもと違う状況でも子どもの安 全を計った避難訓練を行えました。
明日は晴れの 予報ですが気温がどうでしょうか。明日の天気の 様子をみて、園でもプールの判断をしたいと思います。

6月11日
今日は予報に反しての晴れ模様に、何回子ど もたちに「今日はプール入らないの?」と聞か れたことか。笑
「寒くないから大丈夫!」と 半袖のブラウスを見せられても、この気温で は入れません。
しばらく気温の関係で入るこ とは難しいと思いますが、プールに入る場合 は正門と園バスにプールに入ることを告知し ますので、そちらをご覧になってください。



5月29日
 この子たちは今日は一日お料理作り。
最初は「カレー」を作るために園では「きなこ」と呼ばれる固い土を採取。それを「水に溶いて」カレーにし、おたまでお皿に丁寧に盛り付けをしていました。
しばらくしてから同じ場所に戻ってみると、「お、葉っぱを入れて本格的!」と思いながら声を掛けてみると今度はスープ作りをしているそう。
葉っぱを細かくちぎる姿に話を聞いてみると「この真ん中のところはいらないんだ」と言いました。
なぜでしょう。
正解は「固いから」
スープに固い芯が残っていると食べづらいですよね。僕も苦手です。
「そこまでこだわるんだ」「家でも手伝っているんだろうな」と思わせてくれました。
年長児だからこそのこだわりを持って遊んでいる姿。その中には今までの経験が詰まって、見立てることもより本格的になっています。
周りの道具もただ持ってきた物ではなく、「これはこう使おう」「これに材料を集めてこよう」と用途を考えながら持ってきていることが想像できます。

 こちらは年少さん。
野菜に水やりをしてくれていていました。「ありがとうね」と話すと3つの苗を見比べて、「これが一番小さいね」と言ってナスの苗に水をかけました。
子どもが大きさを比べ、隣のトマトのように大きくなって欲しいの願いが込められていました。
すると後ろから小走りでじょうろを持ってきて、今度はどこにあげるのかなぁと思うと一番大きいトマトの苗。
トマトの苗にはまだ緑色の小さいトマトが数個なっているんですよね。小声で「おおきくなぁれ、おおきくなぁれ」と苗を見つめて水をかけていました。
二人の「大きくなぁれ」がなんだかとっても素敵。

5月9日
 年長組は今日、夏野菜の苗植えと一緒に「花の種まき」を行いました。
例年ですと朝顔を育てていたのですが、朝顔は小学校でも育てることが多いことと、育てる品種を増やすことで興味や気づきがより生まれるようにと8種類の花の種を準備しました。
子どもたちにも花の写真を見てもらい、花の説明を一つずつすると「病気になりにくい」や「長く咲き続ける」「タネがはじけ飛ぶ」など、それぞれの花によって特徴が違うことに目を丸くして話を聞いていました。花言葉があるのも面白いですよね。
グループの数人でどの花を育てたいかを話し合い、いざ種に触れてみると「さっきのとタネが違う!」と驚いていました。
そう、違うんだよ。大人にとったら当たり前のことでも子どもにとったら初めてのこと。
こういう気づきを大切にしたいです。この言葉から「種の違いを見て分かりやすいように表にしてみよう」と先生たちも更にひと工夫。
そこからの子どもの言葉にも耳を傾けてみたいと思います。



4月20日
 本日第一回目のわいわいサタデー(園庭解放)はお天気にも恵まれ、57家族のご参加がありました。 ありがとうございました。
園庭で遊ぶだけではなく、お母様方同士の交流の場にもなっていますので、 ご都合が合いましたらぜひご参加ください!
わいわいサタデーの後は毎年恒例のパパスの会でタケノコ掘りが行われました。 こちらは15家族のご参加があり、ありがとうございました。
お父様同士の交流はもちろんのこと、お母様方の交流もありますのでお気軽にご参加ください。

4月11日
 始業式 ・入園式を終えて、初めの 登日。
寂しさ から 泣いて しまう子も多いのか と 思いながら 園バスに バスに 乗車 しまたが、 思っていた 以上にみんな落ち着いて登園したように思ます。 弟 妹関係で 毎日 園バスを見てきた子や 、近隣を 走っている 車を見て いた 子たちは、 「やっと乗れる! 」という 気持ちが強かったみいですね。
バスの中でも物怖じすることなく 「今日イチゴ 食べたの 」など色々話をして くれました。
 年長組 はさっそく今日から体操指導がありました。 「みんなで協力することで 一つ の力がもっと大きな 力になる」と 団結力 を高めて運動に取り組みました。
 年中 組は幼稚園の中を探検して年少組は衣服の着脱や排 泄、物の置き場など少しずつ 覚えながら幼稚園生活に慣れてくると嬉し思います。
 年中児が新入園児に自分のバッチ を見せて「お名前 ○〇だよ~」と自己紹介をしていて、面倒を見てあげる ん だと 進級 した喜びを感じていました。
横だけ でなく でなく 縦の繋がりも増えてい きますように。




 


top page (2KB)       previous page (2KB)       next page (2KB)