ダ イ ア リ ー

Updated on 30 June 2017
   next update : 31 July 2017

※副園長が子どもと接して感じたことを抜粋して転記しています。
※在園児の保護者の方は、携帯電話(スマートフォン)の『ケイタイ ホームページ』より、日々の様子を写真と記事でご覧いただけます。






6月20日
今日はバスの当番だったのですが、ドアの横にいつもはない「プールに入ります」の張り紙を見て、おや?と思った子も多かったようですが、待望のプールに入ることが出来ました!
プールに入れると知るともうワクワクが止まらない様子で、「私の水着は何でしょう」クイズから始まり、じゃぁタオルは?プールバックは?とプールに関する話題で持ちきりでした。
プールに入ることや水を怖がる子もほとんどいなかったと思うのですが、水に触れると冷たさに手を引っ込めて、徐々に慣れていくとバシャバシャと水に入っている感覚を楽しんでいました。きゃーきゃー楽しむ姿や声を羨ましそうに年中組が眺めていましたが、どのクラスも初めてのプールをとても楽しんでいました。
帰りのバスはいつもは寝ないような子が寝ていたり、いつも寝る子がさらに深い眠りについていたりと疲れている様子もみられたので今日は早めに休ませてあげるようにしてください。

6月15日
今日は幸子先生がトウモロコシを茹でてくれたのでお弁当の時に温かい状態でみんなで頂きました。「なんでこんなに美味しいの!?」と目をまんまるしにて噛り付いていたり、年少組では初めてトウモロコシに噛り付いた子もいたようでやはり美味しさにビックリしていました。ナスやキュウリやトマトも一緒に食べているクラスもあり、ちょっとした野菜パーティを楽しみました。

6月6日
年長組は両クラスで野菜の収穫をして今日はキュウリに味噌をつけて食べていました。そろそろ野菜の調理も始まりそうで、鰹節や調味料が給湯室に用意されていました。お部屋では父の日に向けた製作をし、細かい折り紙を作り女の子が優しい眼差しで出来上がりを見守ってくれていました。
年少組は以前異年齢交流で行ったゲームを年少組だけでしましたが、一度やったからかルールをみんな理解しているようでライオンに捕まらないように陣地を引っ越していました。中には捕まりたい子もいてライオンに向かって走っていく子もいましたが、それはそれで楽しんでいる様子でした。
年少さんは特にお当番活動を楽しみにしているようで、今日も帰りに「明日お当番なんだ♪」とワクワクしている子もいました。職員室にきて水野先生に出席報告をする時に、「お休みは いません」の手を横に振る動作が先にセットされたまま会話をしていて何とも可愛らしいなぁと職員室の先生たちを和ませてくれていました。


5月8日
登園してきた子どもたちが元気に挨拶をして園長先生とタッチをしてお部屋に入るのを見届けると、、あれ、忘れ物?
ふと門の方を見ると「ママがいい」と、お部屋に入るのを渋る子と園長先生がのんびり話をしていました。連休で長い間お家で過していたでしょうから、お家がいいですよね。
園長先生や幸子先生と色々話をして、やっとこさお部屋に入って支度を初めていました。
今日は暑かったですね。裸足になって砂場で砂の冷たさに癒されていたり、拾おうとした梅に虫がついてて「これはなぁに?」と目をまんまるにして見ていたり。年中組でもピアニカ指導が始まり、まずは息を吹くところから始まり手は「にゃんこの手」という先生の言葉に「にゃんこの手?」と自分の手を見て確かめながら音を出していました。
今週末は母の日ですね。年長組も母の日の制作が出来上がり早く渡したそうにしていました。年少組は計測とお当番活動も始まり、職員室に頭にハテナマークを浮かばせながら「出席報告」をしに来てくれていましたよ。今までは先生がしていたおぼんを配る係りもお当番の子どもがやってくれるので、段々「自分もお当番やってみたい」と思う子が多くなりそうですね。

5月2日
園バスが到着すると先に登園している5コースの子や1・3コースの子が迎えに来てくれるのですが、今日はトンネルを作ってお出迎えをしてくれました。2つの好きなトンネルをくぐったり、恥ずかしがって外をまわってみたり。大きなアゲハ蝶を素手で捕まえているのにもビックリしました。虫取り網なしで捕まえるには息をのむようにそーっと近づいてタイミングも大事ですよね。捕まえてとても嬉しそうに見せてくれました。
昨日他クラスが野菜の苗植えをしているのを見ていたからか、昨日の帰りに先生が図鑑を見ながら明日は野菜を植えるんだよ~と話をしてくれたからか、今日苗植えを楽しみに登園している子もいました。先生が野菜のクイズで「最初に お がついて~(おくら」とのヒントに「おにぎり!」と自信満々に答えていたり、「ワラを敷くとあったかいんだよね」と良く知っているなぁと感心させられたり。これで全クラスの花壇に野菜が植えられました。生長が楽しみです!
昨日苗植えをしたクラスは母の日の制作をし、「お母さんのプレゼントだから丁寧に作ろうね」との声かけに集中しながら作っていました。字の書き順も少しずつ覚えていけるといいですね。
明日から連休に入るので鯉のぼりを飾るのも今日で最後になってしまいますね。帰省する話をしたり、映画を見に行く話をきいたり、今日焼売を作る話を聞いたり。ケガや事故のないよう良い連休をお過ごしください。

5月1日
土日の風に煽られて梅の実がかなり地面に落ちていて、拾った実をポッケに入れてかがんで、入れて屈んでを繰り返しているといつの間にか自分のポッケから梅が落ちてしまって、終わりのない梅拾いになってしまいました。大きさや色も様々で拾う子によって好みも別れていましたね。
今日は3クラスが花壇に野菜の苗を植えました。植えた野菜はミニトマト・キュウリ・ピーマン・枝豆などなど。今まで植わっていたチューリップを抜いてしまったので花は咲いていないけどお花がなくなっちゃったと寂しがっている子もいましたが、これからは少しずつ成長していく野菜が見ものになりそうですね。苗によって茎に毛が生えていたり、葉っぱの違いで何の野菜の苗か分かったり、お家でも苗から育てている子もいるようですね。みんなで植えてからは「大きくなりますように!」とパワーを込めました。
残りのクラスは明日に苗植えをし、今日はお部屋で5月の壁面製作をしました。何が出来上がるが楽しみですね。



4月25日
幼稚園では何か所かアリがよく巣を作る場所があり、虫好きな子たちは良く観察しています。そんなときに先生が細かく砕いたお菓子をアリのもとへ置くと、それをまた一生懸命運んでくれるのでまたも興味深々に。図鑑を見てみると蟻は相当な力持ちなようで、蟻のパワーを再現してみようと子ども一人で25人を引っ張ろうとしたようです。結果はお察しの通りですが、小さい身体でもとてつもない力持ちの蟻ということが証明されたようです。
年長組のグループ表は「鳥の名前」でグループ名を決めたので、いつもは似顔絵のところを鳥を作ってグループ表を完成させました。鳥が歌っていて可愛らしいですね。年中組もこどもの日の制作が完成したのですが、その後に見た月刊絵本に原寸大の赤ちゃんが載っていて、それを抱っこしてみようかと抱きマネをしてみると、もう本当に絵本ではなくて赤ちゃんを抱っこしているようにしか見えないですね。笑 手の支え方が上手なのでよりそう見えるのかもしれません。年少組は今日お部屋で初めてのハサミを使って、今度は母の日の制作を始めました。慣れないハサミですが、みんな真剣に紙を見つめて切ることができていました。
年長組の鯉のぼりも完成して、今日子どもたちと一緒に空へ泳がすことができました。「3・2・1・0!」の掛け声で鯉のぼりが上がるとちょうど風も吹いていたこともあり、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いだので子どもたちも大はしゃぎでした。

4月18日
今日からお弁当が始まりましたね!春休み中に新しいお弁当箱等を買った子もいたようで、バスを降りて園長先生への第一声が「二段弁当になったよ!」と元気に報告していました。
年長組は今日から一足先にピアニカ指導が始まりました。3月中旬から久しぶりのピアニカなので、以前を振り返りながらピアニカに触れました。その後にお部屋で「鳥」というテーマからグループ名を決めるためにみんなで図鑑を見ながら一つの名前に絞りました。
年中組・年少組は画用紙に自由画として各々の絵を描いてくれました。顔の描き方も人それぞれ違うようで、肌色をあまり使わないんだ~なんて会話をしている真正面で、まずは肌色から!という子もいたりで描き方、描く内容も様々でした。年少組は初めてのクレパスの触感を楽しむように色んな色でぐるぐる描く子。お友達の絵を見て「あんぱんまんどうやって描くんだろ~」とマネして描いてみたり。
お弁当では年長の子が「先生、すごいことが起きたんだよ」と真剣な顔をしてこちらに話す子がいて内容を聞いてみたら「僕はクママークなんだけど、お弁当食べたらクマが出てきたんだ!」と。かわいいですよね。
年中組も年少組も意識するわけでなく自然と会話しながら食べる様子もありました。年少組は準備も一苦労でしたが、初めてのお弁当。みんな美味しそうに食べていました。

4月10日
数日前まで雨予報で幼稚園でも雨の入園式として構えていたところ、昨日の天気予報を見てみたら何と降水確率10%! こんなこともあるんですね。
たくさんの保護者の方に見守られながら第49回、入園式を行いました。本日はご入園、おめでとうございます。
数ある園の中から当園を選んでいただいたことに感謝申し上げます。これから過ごしていく幼稚園生活をご家庭と幼稚園とか協力して、お子様の健やかな成長を見守っていきたいと思います。時間の許す限り園の行事にも参加していただき、お子様はもちろんのこと保護者の皆様にも素敵な思い出を作っていただけたら幸いです。
 初めて親元を離れる子どもたちは不安でいっぱいだと思います。ですが今日のお話にもあったように、きっと子どもたちは「幼稚園って楽しいな」と思ってくれます。なので、どうぞ笑顔で子どもを送り出し、お迎えの時にはこれでもか!というくらい抱きしめて迎えてあげてください。よろしくお願い致します。



 


top page (2KB)       previous page (2KB)       next page (2KB)